トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

トップページ > 日記 > 反省会。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

反省会。

計画(次の土曜、飲み行こうぜー!)-実行(はしゃぐ)-フィードバック(はしゃぎ過ぎたことでの反省会)。※繰り返し

しっかりしてんのかだらしないのか、何がなんだかわけがわからないですね。
友人から「昨日はお疲れ様!」とメールが来る。オレが昨日KANAに、○○君って人をオレが知ってるていで話をされたんだけど、○○って人知ってる??とオレが返す。わかんないな、でも店で○○って名前は何回か聞いた気がするよと返って来る。五里霧中、ですな。霧の中、ですな。
友人も気になることがあるという。

友人「絶対あそこのお店の女の子は、全員ではないけど昼間働いてるべ」
AMIがちらっと、そんなことを言っていた気がするという。オレは正直、そんなの嫌だなと思った。
夜もあんなに一生懸命働いていて、寝る時間も削って昼間まで働いているなんて、あまりに大変で苦労し過ぎて、ぐうっという気持ちになってしまった。
友人は言う、こっちは聞くつもりはないが時間が経つに連れてそういうことを知ってしまう事がある、でも俺はそういうものだとわかる、お前は平気か?いろいろ知ることで、嫌にならないか?
俺は、大丈夫、と嘘を付いた。
友人の説教が始まった。
ああいう店で働くって言うことは過去も現在もいろいろ事情を抱えているんだ、俺はその状況を知ってるから先のことは気になるが、聞かないようにしているし、お前にもそういうことを話したことはあるけど、それは向こうから話してきたことなんだ。

結局、何を言いたいのかよくわからなかった。自分から聞いたことじゃなくて、向こうから話されたことだから、お前もきちんと受け入れろ!ということなんだろうか。
-わかった、でも誰だって身の上話なんてあまり人にしないからね、ある意味、うれしいことなんじゃないの?と言ったが、説教はまだ続いた。
おう、受け入れられれば問題ない、お前が今言った通りだよ、あの子達もな、なかなか本音を言えないこともあるし、ストレスもあるから、だから店終わったあと、ご飯を食べに行ったりして話するんだよ!

・・・あんたは、あの子達の親か。
-わかった、俺も受け入れられるように頑張るから、相手が心を開くかどうかは結局自分自身がどうするかだからね。
説教はさらに続く。
まあ、難しいんだけどな、こっちは客だけど、相手の心境とかも気にはなるからな。
-確かにね、でも店に行くっていうよりは、メンバーに会いに行っているというほうが正しいよね。
そうなんだよな、俺も同じだよ、まあいつも言っていることだけどさ、自分にプラスになることが多いからな、俺もまだまだ偉そうなことは言えないな。
ようやく友人が沈静化してきた。
-俺もよく考えるよ、でもきっと、背伸びしてるだけなんだよ俺は。まあとにかくね、これからもよく話をして、楽しんでいくのが一番いいことだと思うけどね。
-そうだよ、それが一番良いことなんだよ。

人間は考える葦である、と言ったのはフランスの哲学者パスカルでした。
ただし考え過ぎることは、時にいい結果を導き出すとは限りません。でも、考えることは希望を見つけることなのです。希望はプラスの方向にしか働かない特殊な力。それ自体は、光のようなもので、実体はないけれど、良い方向を照らしてくれるという、必要不可欠なものなんですよね。あ、哲学者みたいになってきたな。閑話休題。

でも、友人が彼女らの親だとすれば、俺は子供みたいなもんですね。
もんもんと考え込んで、悩んで、結局何も見えず言えず、奥底に仕舞いこんでしまう。友人は積極的にそれを話そうとする。
仲は良さそうでも、性格的には、実は対極にいるみたいですね。

当時、俺はまさかこんなに悩むことになるとは思っていなかった。
友人が、何か楽しいことはないかな、と言ったとき俺がそのお店を紹介してあげて、それ以降顔を出すことになった。
楽しければいいやと思っていたのに、こんなに考えさせられるとは。。。
友人は、国が違うからこそ学ぶことが多いのだ、と言う。その通りだけど、それだけじゃないと思うな。

友人が俺に、AMIが離婚していることや、ローサの複雑で強烈な過去を持っていることなどを話されたことがある。俺は、そういうことは友人の心の中だけに仕舞っておいて、もう俺には話さないでくれと言ったことがある。
AMIとローサは、俺がそういうことを友人から聞いて知っているということを知らない。
だから俺もそういうことを聞くことが出来ない。
俺は、そういうことを友人を通して聞くことで、印象がかわってしまったりするから嫌だと思ったが、結局は逃げているだけだったとわかった。
逃げていることも嫌だが、もっと嫌なのは友人にはそういう話をするが、俺にはそういう話をしないと思ってしまったことだ。人を比較してはいけない。でも一度そういうことを感じると、なかなかそれを消すことが出来なくなる。そして自信がなくなる。

友人がメールで、昨日撮った写真を送ってきたくれた。KANAと俺が写っている。KANAはとても綺麗に写っていたが、俺はうまく笑えていなかった。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |








ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

kurosawakan

Author:kurosawakan
ご覧のとおり、アホ日記。

最近の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSS FeedRSS Feed (RSS 1.0)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。