FC2ブログ

トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

トップページ > 日記 > 日本人女性は人気がある。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本人女性は人気がある。

ある小説家のエッセイを読んでいて、その中に、外国で日本人女性は何故か人気がある、と書かれていた。外国のクラブで日本人女性を見つけた外人は、俺の白人の女2人と、黒人1人を、その日本人女性と交換してくれ、と言うくらい、日本人女性は人気があるのだそうだ。

大勢の白人の中に、ひとりだけ日本人女性がいる光景を思い浮かべると、なんとなくそれもわかる気がする。
その逆は、あまりピンと来ない。日本人女性には、それだけ魅力があるということだろうが、何故そうなのか考えてみたが、よくわからなかった。

以前、いつも行っているPP(単にお店、という表現は、わかりづらいと思ったので、PPと書くことにした。いわゆるPPではない気がするが、小規模PPとか、チョットだけPPとか、PPかもとか、気の抜けた表現しか思い浮かばなかったのでしようがない)で、珍しいことがあった。
2006/12のブログ、嫌な予感と再会。 事の顛末がようやく見えてきました。、さらには、反省だらけの週末でした。に書いていたのだが、日本人女性がそのPPに来ていた。年も俺と同じくらいで、二十代前半に見えた。
最初は、なんで日本人が働いているのだろうと思ったのだが、客として来ていたようなので、ビックリした。服装も、ウォータービジネスご用達というようなドレスではなく、ジーパンを履いて、ふわふわしたような女の子らしい服を着ていたので、客に違いないと思った。
お店の女の子と仲が良い女性や、同業者の女性、集団で貸しきったりするときなど、おばちゃん連中が一緒に来ている、という光景は見たことがあった。先週も、やけに慣れた身のこなしの女性が2人来ていて、たぶん同業さんだろうなと思っていた。
しかし、まさか二十代前半の若い女の子が来ているとは思わなかった。ひょっとしたら、キャバ嬢か何かだったのかも知れないが、仮にキャバ嬢であったとしても、他の同業店に行くという発想はわからない。
まあ、その女の子は彼氏と親父さんと一緒に来ていたので、どこかで別件の集まりがあって、その帰りにでも立ち寄ったのかも知れない。他の客にも、その親父さんの連れが何人かいた気がする。
会社での飲み会の後、みんながPPに行くというので、興味半分で何となくついて来た、というような感じだ。

さて、その若い女の子だが、けっこう楽しそうにして飲んでいる。
PPメンバーは、いったいどういうふうに対応をするのだろうと興味深く見ていたが、特にいつもと変わりはなく、屈託無く笑って、普通にお喋りしている。
実のところ、こういう店に来た女の子がどういう振る舞いをするのか、ということも気になった。
その横には彼氏が座っていた。俺の隣に座っている、という状況でもある。若い日本人の女の子の相手をしているのはカナだ。
面白い光景だと思った。おまけに、ほぼ満席状態で、みんな酔って上機嫌になっているので、店全体の雰囲気も明るい。その女の子も、けっこう飲んでいるらしく、ずっとニコニコ笑っている。
カナとどういう会話をしているんだろうと気になったが、俺自身も相当飲んでいるので、何を言っていたのかあまり覚えていない。
ふいにカナが、あれが私のパパよ、と俺を指差した。たぶん、その女の子が、彼氏はいないの?というようなことを聞いたのだろうと思うが、それが発端で、女の子の興味の先が俺に向いた。
女の子、その子の彼氏、俺、という並びで座っていて、その女の子は彼氏を挟んで俺に話しかけている。彼氏の立場が心配だったが、カナがパパと俺のことを紹介したお陰で、気にする様子はなかった。
俺は、何を話しかけられても適当に受け流していた。話してみた感じだと、失礼な言い方だが、舌足らずでちょっと弱い感じがした。立ち上がるとフラフラしていたので、大丈夫かなと思っていた。
そして、その子がトイレに行って戻ってきたとき、よろよろと歩いてきて、俺の隣にすとんと座り、お店の女の子がそうするように、体全体の体重をあずけ、手を握ってきた。あまりに自然な身のこなしだったので、一瞬ぽかんとしてしまった。しかしこれは焦った。
邪険にどかすことも何だか憚られる気がするし、声をかけても動こうとしないし、どうしようと友人やお店の女の子たちに助けを求めて、引き剥がそうしてくれたが離れない。
彼氏はそのとき、彼女と入れ替わりでトイレに入っていて、そこから戻ってきたとき、案の定、激怒した。
俺自身も殴られるんじゃないかと思ったが、怒って先に帰っただけだった。これでもし殴られていたら、きっと俺よりも一緒にいた友人がキレて大喧嘩になっていたことだろう。友人は短気だから、そういうことがあるとすぐ頭に血が昇る。
親父さんとその女の子は店に残り、何事もなかったかのように歌を歌ったりしている。彼氏が怒って帰ったというのに、なんて平和な人たちだろうと思った。

お店にとっては、客同士が仲良くなるというのは、まずいことなのだろうか。
常連客の人と、いつもは隣同士だったのに、いつの間にかテーブルを離されたりしたので、そういう事情でもあるのかなと思った。
いや、そんなことはないよなあ。カナも、パパ、などと言って他の客に紹介したりする。それって思うに、お店にとってもカナにとっても、あまりプラスになることってないと思うけども、俺は悪い気がしないので、まあいっか、と思っている。
まあしかし、若い女の子がいて、しかも隣のテーブルなんて、レアケースだもんな。またそういうことがあったら、きっと面白いだろうな、なんていうふうにも考えている。懲りないなー。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(2) |
>> 2007/03/27 17:11
>お店にとっては、客同士が仲良くなるというのは、まずいことなのだろうか。

この事だけについて言えば、客同士が仲良くなった場合、一緒にPPに行こうと行動する場合がありますね。
結果、常連客が他の店に流れる恐れもあるわけです。

また、客同士の情報交換により
色んな噂や事実を知りえる可能性もある訳です。

例えば、私とkurosawakanさんが店で仲良くなったとします。
私がkurosawakanさんの居ない時の彼女の行動や他の客への接客をベラベラ喋ったりするわけです。

それが事実であろうがなかろうが、疑心暗鬼になる可能性があります。そして彼女の事が段々と信じれなくなって喧嘩が絶えなくなる・・そういった事もあるのです。(あくまで例えですので・・)

だから私はあまり良しとはしませんね。
>> 2007/03/28 02:53
ビアンキさん

なるほど・・・お店にとってだけではなく、結局、自分自身に跳ね返ってくることもあるわけですね。
話題からちょっとそれますが、私自身、友人と共に行動することが多いので、すでにそれと同じ状態が継続している、ということでもありそうです。
あとは、客同士が仲良く成り立て、という信頼関係が希薄なときが、噂が立ちやすく、一番危ないのでしょうね。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

プロフィール

kurosawakan

Author:kurosawakan
ご覧のとおり、アホ日記。

最近の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

RSS FeedRSS Feed (RSS 1.0)


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。